生理前後の敏感肌、かゆみや乾燥をストップするスキンケア!

生理前後の敏感肌を抑えるスキンケア
敏感肌チームでよく話題になるのが、生理前に肌が乾燥したりピリピリしたりニキビができたり、いつも以上に敏感になることです。

生理前後の期間にどんな対策をしてるのか、何が有効だったかまとめました。

そもそもどうしてホルモンバランスが乱れるの?

seiriimage1

ホルモンバランスが乱れるといいますが、多くの場合は分泌される「女性ホルモン」の種類が変わることを指します。

生理を境に分泌される女性ホルモンの種類が変わるのです。

生理はエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンの働きで起こります。

生理の終わりから排卵まではお肌絶好調期

エストロゲンは、思春期から分泌が増えるホルモンで、女性らしい体つきにしたり、卵子を育てるベッドの役割をする子宮内膜を厚くして、妊娠に備えるように働きます。

生理が終わって妊娠に備えるために体が働いているうちは、エストロゲンが盛んに分泌されます。

肌もつるつるになって気持ちも安定、好調な時期になるのです。

生理前にはエストロゲンが減って肌荒れに

プロゲステロンは、子宮内膜をフカフカにするなど、妊娠が成立した後に赤ちゃんが育つ環境を作ります。

受精卵が着床しなければ、子宮内膜は出血しながら剥がれ落ち生理が起こります。

エストロゲンは、子宮や卵巣以外にも、皮膚や粘膜、骨や筋肉、胃腸や自律神経、脳にまで働きかけます。しかし、エストロゲンの量が減ってくると、皮膚をはじめとした様々な部位に不調が起こります。

排卵が終わってエストロゲンが減少しだすとプロゲステロンが分泌され始めます。

この時期は肌荒れだけじゃなく、頭痛やイライラなどPMS(月経前症候群)の症状に悩まされるのです。

PMSはストレスや寝不足などで悪化することも

生理が終わって、排卵があってという一連のリズムは日常におこることですが、肌荒れするほどの影響を及ぼすのはストレスや日常生活の乱れがあるからなのです。

ストレスや疲れがたまっている、寝不足やダイエットなど様々な原因で分泌される女性ホルモンのバランスが崩れてしまっているのです。

とくに生理前は一連の女性ホルモンの乱れが肌に現れやすいので、和食中心にしたり睡眠を十分とるなど気を付けることが大事です。

ピルでPMSをコントロールすると肌のかゆみも減る?!

日常生活に気を使っていても肌荒れやかゆみを起こしやすい人もいます。

あまりにひどいときは婦人科でピルを処方してもらうのも有効な対策です。

女性ホルモンの治療には低用量ピルが良く使われています。低用量ピルの効果は、卵巣機能をコントロールできるようになり、ホルモンバランスを整えることができるようになります。

ピルって副作用はないの?

日本で処方されるピルは副作用が少ない低用量です。

ホルモン剤なので、最初の2,3日は吐き気やむかつき、頭痛、胸が張るなどの妊娠初期に似た症状が現れる人もいますが、次第に治まります。

ピルを飲むことで、避妊以外にも次のような副効果があります。

・子宮内膜が厚くなりすぎないうちに生理がおこるので、出血量が減り、生理痛が軽くなりますし、子宮内膜症になりにくくなります。

・生理周期が規則正しくなるので、生理不順が改善されます

・PMS「月経前症候群」が軽くなり、排卵前後のホルモンの変動もなくなります。

そもそもピルは、長期服用するようにつくられたものなので、他のお薬よりも研究が重ねられていて、膨大なデータが集められています。

肌への効果は高いと感じている人も多いので、気になる人は一度婦人科で相談してみてください。

普段の食事で生理前の女性ホルモンを整えるには何を食べたらいいの?

ホルモンバランスは、医療だけでなく食生活からも整えることができます。

私たちの体は、食べるもので作られていますので、食べ物の性質、栄養バランス、食べ方を重視して食生活を改善し、体の内側からキレイになりましょう。

好調期に分ピルされる「エストロゲン」と似た働きをする
大豆イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た化学構造を持ち、体内で同じような働きをすることがわかっています。

また、イソフラボンには、細胞にダメージを与えて老化を招く「活性酸素」の働きを抑える抗酸化作用があります。
イソフラボンを摂るだけで、不足したエストロゲンを補いながら、アンチエイジング作用もあるのです。

イソフラボンを手軽に摂るには、豆腐、厚揚げ、きなこなどを食べるのがおすすめです。1日の摂取量の目安は、豆腐なら半丁、納豆なら1パックです。

お薬ではないので、たくさん食べたからすぐに影響がでるわけではありません。日常生活に程よく取り入れるのがポイントです。

敏感な時期のスキンケアは洗顔と保湿のシンプルケアがおすすめ

binkanhada1

肌が敏感な生理前後は、洗顔と保湿を中心にシンプルケアで乗り切ります。

ニキビに悩まされている人も、赤みやかゆみに悩まされている人も、基本は「保湿」化粧品です。

間違った保湿やってませんか?「水分たっぷり」「クリームでフタ」

結構昔からあるスキンケアの考え方だけど、皮膚科の先生もNGを出しているほど

「水分」+「クリーム」は時代遅れです( ゚Д゚)

水分だけだと蒸発してしまうし、クリームで蓋をしたつもりになっても隙間をぬって水分が蒸発してしまいます。

正しい保湿は「セラミド」入りの化粧品で保湿

正しい保湿は「水分をつかんで離さない」性質の保湿剤を付けることです。

肌の中では「セラミド」と呼ばれる細胞間脂質がその役割を果たしています。

だから人の肌に近い性質の「セラミド」が入った化粧品を付けることで、肌の水分をキープすることができるのです。

膿んだニキビ、皮がむけているなど悪化がひどいときは病院へ

ただし、肌の状態があまりにも悪化しているときは自然治癒に任せるよりも病院へ行った方がいいです(´・ω・`)

酷い状態で放置すると、跡が残ったりさらに広がったりすることがあります。無理は禁物です。

肌のバリア機能が回復すればかゆみも赤みも軽くなる

軽度の肌荒れ、かゆみ、赤みなどは肌の水分をキープすることで、バリア機能が回復し、徐々によくなります。

生理前の肌あれには「セラミド入り」で「敏感肌用」の保湿化粧品をつけるのがおすすめです。

★敏感肌におすすめの化粧品ランキングはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする