敏感肌のおすすめ化粧水はどれ?動画でテクスチャを確認できる!

今回使った化粧水のテクスチャを見てほしくて短い動画にアップしました

まずはこちらからどうぞ!

敏感肌用テクスチャまるわかり動画

とろみが強いアヤナスの化粧水

アヤナスはとろみが強かったんですが、つけてすぐ浸透してほどよいしっとり感でした。

サラサラしてないと!っていう人には向いてませんが、乾燥気味の人にはイチオシです。

アヤナスの公式サイトはこちら

付けるまではサラサラのNOV化粧水

NOVの化粧水は、ボトルから出した瞬間さらさらの感触です。

付けたあとに少しづつ粘りを感じ始めます

NOV公式サイトはこちら

サラッサラのヒフミド化粧水

ヒフミドの化粧水はサラッサラした付け心地で、べたつく感じは全くありません。

付けた瞬間の肌は潤う感じがして、お風呂上りにおすすめ。ただし、翌日までもつほどの浸透感は感じられませんでした

ヒフミド公式サイトはこちら

dプログラム化粧水

dプログラムの化粧水はほぼ水といった印象です。

ライトなつけごこちが好きな人向けですね。春から夏にかけての汗ばむシーズンにおすすめです。

dプログラム公式サイトはこちら

キュレル化粧水

dプログラムと比べるとキュレルの化粧水の方がしっとり感があります。

ただこちらも浸透感はあまり感じられませんでした。

キュレル公式サイトはこちら

つつむ化粧水

アヤナスよりもとろみが強かったのが「つつむ」です。

正直、どの化粧水よりも刺激がなかったし、乾燥した時期には一番効果がありました。

ただし、その重さがちょっとネックというか、毎日つけるには抵抗があるなというのが正直な感想です。

つつむ公式サイトはこちら

化粧水の成分は何に気を付ける?

敏感肌が使う化粧水は、成分に注意をしましょう。

例えばシミに効果があるビタミンC誘導体は、肌への刺激が強いのでピリピリしやすいです。

ハイドロキノンもかなり肌が強くないと、すぐに痛みを感じます。

防腐剤にも注意が必要

化粧水に使われる防腐剤は、パラベンよりもBG(ブチレングリコール)の方が低刺激で痛みを感じにくい成分です。

敏感肌用の化粧品にもよく使われています。

完全無添加はいいようでちょっと心配です。

化粧水はそのほとんどが水分なので、防腐剤が全く入っていなければカビなどが生えやすいものです。

完全無添加のものを選ぶなら、冷蔵庫に入れて3日以内に使い切るなどの消費期限に気を付けましょう。

敏感肌化粧水、おすすめはアヤナス

トップ画面でも紹介していますが、つけた直後の感触、翌日の肌の状態、肌にいい成分がはいっているか、という3つのポイントでアヤナスの化粧品がおすすめです。

tophedder2

化粧水にも保湿成分が入っていて、もちろんヒリヒリしない、肌の状態がだんだんあがってくる化粧品です。

アヤナスの値段は?

ドラッグストアのプチプラコスメに比べると本商品が若干高いかな~。

ちなみに、トライアルセットは税込1,480円、送料無料です。

本商品の価格は

化粧水 125ml 税込5,400円

2回目からはリフィルがあって、125mlで税込4,860円です。

百貨店ブランドと比較したら、同じくらい~すこし安いくらいですね。

トライアルセットを買った後に、いろんなセットの20%割引案内が来るので本製品も買いやすかったですよ。

アヤナスの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする