敏感肌の日焼け止めはサプリがおすすめ

夏になるころに気になりだす紫外線ですが、実は一年中かなりの量が降り注いでいます。

敏感肌にとっては、紫外線も日焼け止めも刺激になってしまいます。

そこで去年から人気が爆発している飲む日焼け止めをおすすめします。

飲む日焼け止めサプリってどんなもの?

2016年に人気爆発し、今年も品切れ続出の飲む日焼け止め!

普通の日焼け止めはぬり残しや塗りムラが出るけど、飲む日焼け止めは頭皮からつま先まで日焼けを防いでくれます。

すっごく便利で、肌もうるつやを感じている人が多いサプリです。

でも「飲む」ってすごく抵抗ないですか?私もはじめは怪しそう・・と思ってましたが、調べると全然大丈夫なことがわかりました。

飲む日焼け止めはサプリ大国のアメリカでは常識のアイテムです。どんなものなのか詳しくレポします。

飲む日焼け止めの仕組み。どうやって日焼けを防いでいるの?

飲む日焼け止めには「ニュートロックスサン」や「フェーンブロック」などの抗酸化成分が入っています。

日焼けをするときに体の中では外から浴びた紫外線の影響で活性酸素が発生します。

活性酸素はシミのもとになるメラニンを作ったり炎症を起こしたりします。

この活性酸素が作られるのを抑えてくれるのが飲む日焼け止めの主成分である「抗酸化成分」です。

飲む日焼け止めは日焼けをした後に飲んでも働いてくれます。

飲み忘れて日差しを浴びた後でも飲んでもいいというところが、塗る日焼けどめとの大きな違いです。

飲む日焼け止めには副作用はないの?合わない体質は?

飲む日焼け止めはサプリメントなので基本的に副作用はありません。

ただし、商品によってはエビ・カニに含まれる成分(ACGコンプレックス、L-シスチンなど)が入っていることがあるので、アレルギー体質の方は成分に注意してください。

また、妊婦や授乳期の方はローズマリー成分が子宮へ刺激を与えることがあるので飲めません。

その他にも現在お薬を飲んでいる人やアレルギー体質の方はかかりつけのお医者さんに相談して飲むようにしてください。

子どもも飲んでいいの?

4歳以上のこどもは飲んでもいいと書いてありました。

でも、個人的な意見ですが自分は高校生以上くらいが無難じゃないかなと思っています。

子どもと大人は細胞の数が違うので、影響を受けるとしたら大人より格段に大きいんですよね。(あくまで個人的な意見です)

飲む日焼け止め、どれくらい飲めば何時間効果がある?

ニュートロックスサンに関しては日差しを浴びる3日くらい前から飲み始めると一番効果的です。

持続時間に関しては記載がないのですが、4時間以上日差しを浴びても影響がなかったという人もいます。

日差しを浴びた後に飲んでも大丈夫というのが「飲む日焼け止め」のメリットなので毎日飲んでいれば気にする必要はありません。

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めは肌質を選ばないというのが大きなメリットです。

乾燥肌や敏感肌の人は強い日焼け止めを使うと肌が荒れがちですが、肌にぬらないので荒れることがありません

塗りムラも、塗りたりないということもありません。

プールや海で日焼け止めが流れることもないし、塗り直しも必要ありません。

日焼け止めが塗れない頭皮や、首の後ろ、背中もカバーしてくれます。

うっかりサンダル焼けもなくなるし、目の日焼け防止にもなります。

余談ですが、私は白めのところが黄みがかって心配になったので眼科に行ったところ、「日焼けによるシミです」と言われてしまいました!

目も日焼けするしシミだってできちゃうんですよ(涙)

あと、最大のメリットは紫外線を浴びた後に飲んでもOKということです。

飲む日焼け止めのデメリット

普通のお店では手に入りにくいところ

他には副作用のところでも書いたように妊婦や授乳中には使えないことなどです。

あと、本当は一年中飲むと一番いいんですが、紫外線が強い3月から11月まで使うとしても結構コストがかかってしまうところもデメリットです。

飲む日焼け止めってどこで買うの?

飲む日焼け止めってドラッグストアには置いてないんですよね。

皮膚科や美容外科でも売っていることがあるけど、確実なのはネット通販

私がシミ治療をしている皮膚科にありませんでした(涙

でも病院で売っていても安くはないから、ネット通販で探してみました。

口に入れるものだから、偽物をつかまないためにも公式サイトが安心です。

実際に飲んでみたレビュー記事 飲む日焼け止め

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする